札幌の気功サークル

お知らせ

【ライオンあくび教室in札幌】感情解放の体験と3月の予定

 

こんにちは。なんまるです。
雪も融けだし、春の足音も見え隠れする昨今、いかがお過ごしでしょうか(^-^

 

 

先日はまた少し大きな地震がありましたね。
これだけ大きな地震が続くと不安になってしまいますが、今回はさほど被害が大きくなかったことが救いでしょうか。
これだけ自然災害が続くと否が応でも災害意識も高まりますが、災害はふと忘れた時にやってきたりするので、日頃の備えを忘れずにいたいものですね。

 

 

さて、不安な話はこれぐらいで(笑)、
今日は少しスピリチュアルっぽいお話をしようと思います。

 

 

「感情解放」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

 

ある人は「手放し」といったり「ブロック解除」と言ったりします。
もっと分かりやすくいうと「トラウマを癒す」というものです。

 

 

ヒプノセラピー(催眠療法)ではお馴染みなのですが、
自分が過去に形成した、思い込みや癒されていない感情が潜在意識にトラウマとなって蓄積し、それが現在のあなたの行動や思考に影響を与えている、という考えがあります。

 

 

このトラウマ(ブロックと言います)があると、ブレーキとアクセルを同時に踏んでいるようなもので、ある目標に向かって進もうとしても、そのブロックがブレーキとなりなかなか目標に到達することが難しくなります。

 

 

分かりやすい例でいうと、幼少の頃「お金は汚い」と言われて育った子供が大人になると、自分でも気づかずにお金を遠ざけるような行動をとってしまうことがあります。

 

 

ちなみにブロックは大なり小なり誰でも持っているものですのでご安心ください(笑)

 

 

このブロックを潜在意識から取り除くテクニックが「感情解放」「マイナス思考の手放し」と呼ばれ、その手法も「ヒプノセラピー」や「インナーチャイルドヒーリング」「イメージ法や各種ヒーリング」などなど色々あるのです。

 

 

前置きが長くなりましたが、ここから私の身に起きたある感情解放体験をお話します。

 

 

実は先日、妹と大喧嘩に発展した出来事がありました。

 

 

原因は本当に些細なことで、車の停め方が悪かったのを妹に注意したら、言い方が気に入らなかったらしくその場で怒鳴り合いの大喧嘩になってしまいました(笑)
ちなみに私は46歳、妹は43歳のいい大人、です(笑)

 

 

ただ、この時の私の怒りの感情はものスゴイもので、こんなに怒りに襲われたのは小学校の時に妹と大喧嘩をした時以来でした。

 

 

その場は喧嘩別れしたのですが私の怒りは収まらず、それは1週間経っても2週間経っても変わりませんでした。愛犬タロウの散歩中であろうと仕事中であろうと、その事を思い出すたびに戦闘モードに入りアドレナリンが噴出してくるのです(ある意味楽しんでる笑)

 

 

ただ正直いい加減しんどくなってきて、この怒りの感情を解放して楽になりたい!ここに留まらずに先に進みたい!と思うようになりました。

 

 

そこで過去に学んだ感情解放のテクニックを用いてその怒りを手放すことを試みたのですが、これが根深いのかなかなかうまくいきません。
終いには寝る前に「この感情をどうにかしてください」とお願いしてから眠るようになりました(笑)

 

 

どうしたもんか、と思っていた時にある日リアルな夢をみました。

 

 

喧嘩中の妹が出てきたんです。
夢の中でも僕は怒りに満ちていて、妹にストレートに怒りをぶつけ、もう縁を切ってもいい、くらいのことを言った気がします。

 

 

すると夢のなかの妹は急に子どもの頃(小学校入学前くらい)の妹になって、ワンワン泣き出し、「ごめんなさい。そんなつもりじゃなかったのー」って叫ぶんです。

 

 

私は元々子どもの無邪気さに癒されるタイプで、夢の中で無邪気な子供の頃の妹を思い出したのをきっかけに、怒りの感情がすーっと収まっていくのを感じました。

 

 

そこで目が覚めたのですが、何故あんな夢をみたのか、振り返って考えて一つの結論に達しました。

 

 

私はスピリチュアルなことが好きで、ハイヤーセルフとかガイド(指導霊)といった存在を信じています。
(ハイヤーセルフやガイドといった言葉が苦手な方は以下「自然治癒力」と読み替えてくださいね)

 

 

私は妹への怒りの感情を手放したいと思いつつ、なかなかうまくいきませんでした。

 

 

その時に、夢で子どもの頃の妹の姿を思い出したお蔭で怒りの感情の大部分(全部ではない)を手放すことができたのですが、恐らく、その感情を手放したいと思いつつなかなかうまくいかなかったために、自分の中の高い意識が手助けしてくれたような気がするのです。

 

 

子どもの無邪気さが好きな僕が一番腑に落ちやすいように、妹の子どもの頃を思い出すような夢を敢えて見せてくれたんじゃないか。そのように考えると、あのリアルな夢の内容がとても納得できるのです。

 

 

それまでイメージ法などテクニックを駆使しても難しかったブロックが一晩の夢であっという間に解消されたことに驚きました。
人間の治癒力ってすごいなーと思った次第です(^-^

 

 

それでは3月の予定をお知らせします☆

 

 

 

★2019年3月の『ライオンあくび教室in札幌』★

 

 

3月24日(日)14時〜16時
会場:札幌市西区民センター1階第一集会室(和室)
http://www.nishiku-cc.com/map_access.html
(無料駐車場あります)

 

参加料:1,500円
定員:10名
持ち物:バスタオル(枕として使用します)、ヨガマット(お持ちの方)
参加方法:当メールでの返信でお知らせください。

 

※ご希望があれば教室開始前、終了後にあくびセラピー(旧BSセラピー)を行うことも可能です。
 (3名のみ先着順。体験料:1,500円。要予約)

 

 

札幌教室では、
駒川先生推奨の脳幹活性に効果抜群の生体ミネラル水
「希望の命水」の試飲も出来ます。

 

 

最近、私が取り組んでいる気功についての問合せを何件かいただくようになりました。

 

 

気功もいろんな流派?がありますが、私のやっているのは一般に「仙道」と言われるもので、
気で人を飛ばす、とか、気で人を操る、というようなことは行いません。

 

 

仙道は「仙人になる道」と書くだけあって奥が深いのですが、まずは小周天という、東洋医学でいう経絡の通りを良くし、肉体、精神を元気にすることをひたすら行っていきます。

 

 

最近は私なりにこの小周天の練習にアレンジを加え、ライオンあくびによる間脳活性もメニューに組み込んで行っています。
実際、ライオンあくびと小周天ってものすごく相性が良いんです(^-^

 

 

そこでなのですが、いっそライオンあくびを取り入れた小周天気功を伝えていけたら楽しいかも!と最近思うようになりました。

 

 

といってもまだ実験段階なので(^-^;
とりあえず、ライオンあくび教室と同じように、月一回、参加料も同程度で行ってみようかな、と考えています(^-^

 

 

興味のある方がどれくらいいるか知りたいので、
「都合が合えば参加してもいい!」
という方は以下のメールアドレスまで件名を「小周天練習会参加希望」として送信いただけますでしょうか。

 

 

nanmasa2011@gmail.com

 

 

こちらとは別に専用のメールマガジンを作って教室日程などご案内できれば、と思っています(^-^

 

 

ということで、最後は宣伝のようになってしまいましたが(笑)、
3月もよろしくお願い致します。

 

 

なんまる
nanmasa2011@gmail.com

 

ライオンあくび教室メルマガ登録

page top